引越をスムーズに進めるために、細かい部分までしっかりと確認しておこう

引越の際の注意点

男性

細かいポイントがたくさんある引越

引越に慣れている人であればいいですが、何回も引越経験があり、段取りにも慣れているという人は少ないのではないでしょうか。細いポイントを見落とすと、当日時間がかかってしまうので注意点を洗い出しておきましょう。

引越の前にもやることがたくさん

引越の前にやることはたくさんあります。業者を絞って見積もりを出してもらい、業者を選びます。賃貸の場合、物件や駐車場の解除をしなければなりません。契約に関してはなるべく早めに相談しておいたほうがよいです。子供がいれば転校届けを出さなくてはいけません。見落としが無いようにチェックリストを作っておくとよいでしょう。

電気・ガス・インターネット

インフラに関しても契約の解除や変更を済ませておかなくてはいけません。これらをほったらかしにしておくと引越してから苦労することになります。インターネットなども、新居に移ってからでいいやなどと思わずに早めに考えておきましょう。

引越の前日に確認すべきこと

当日の段取り確認

当日にどのような段取りで作業を進めていくのか、引越前日にイメージトレーニングしておきましょう。イメージトレーニングというと少し大袈裟かもしれませんが、どの作業にどれくらいの時間がかかり、その次は何をするかなど、細かく考えておくと当日の引越がスムーズに進みますよ。

貴重品を確保

現金や家の鍵、印鑑など大切なものはどこにあるか常に把握しておくことが大事です。間違って他の荷物と一緒に梱包してしまい、一度梱包した荷物をいくつも開けて確認するなんていう事態は避けたいですね。

冷蔵庫や洗濯機の水を抜いておく

まずは冷蔵庫に物が入っていないか確認し、後ろの蒸発皿の水や、製氷機の水や氷を全部とりましょう。洗濯機に関しても、ホースに水が残っていることがありますので、ホースは外して水を全部抜き取っておきましょう。

引越先の家具の配置図の確認

引越先の家具の見取り図は、すでにある程度完成していると思いますが、念のためもう一度確認してみましょう。大きな家具を引越業者が間違って配置してしまった場合、移動するのにまた時間がかかってしまいます。

ダンボールの確保

当日梱包する荷物がある場合は、ダンボールが必要な個数分確保されているかどうか確認しましょう。当日にダンボールが足りないと、とても面倒なことになります。引越業者が用意してくれる場合もありますが、いくつあれば足りるかというのはしっかり把握しておくとよいでしょう。